くどう動物病院は、愛するペットのからだ・こころ・環境をトータルに考え、飼い主とペットに最善なる獣医療を提供していきます。
ホーム > 犬、猫の健康管理

犬、猫の健康管理

ワクチンで予防できる犬の病気

■ 犬ジステンパー
発熱・目やに・鼻水・くしゃみがでて、元気・食欲消失、嘔吐・下痢をしてケイレンなどの神経症状を起こし、子犬では死亡率の高い伝染病で、もし、治っても神経症が残り、後遺症に悩ませられます。

■ 犬パルボウイルス感染症
食欲がなくなり、嘔吐し、とても臭い便をして、さらに症状が悪化すると出血性の下痢をして、脱水に陥り短い経過で死亡することがあります。伝染力が強く、死亡率が高い病気です。

■ 犬伝染性肝炎
肝炎を主とし、高い熱が出て、嘔吐や下痢したりして、時には目が白く濁りブルーアイと呼ばれる症状が出たりします。症状の程度はいろいろで突然死亡することもある恐ろしい病気です。

■ 犬アデノウイルス2型感染症
肝炎を主とし、熱が出て、食欲不振になり、くしゃみ・鼻水・短く乾いた咳が続き、のどや扁桃腺が腫れる場合もあります。他のウイルスや細菌との混合、あるいは二次感染により症状が重くなります。

■ 犬パラインフルエンザ
水様性の鼻水や咳、軽い発熱と扁桃の腫れなどがみられます。他のウイルスや細菌との混合、あるいは二次感染が起こりやすく、その場合は症状も重くなります。

■ 犬コロナウイルス感染症
腸炎を引き起こし、嘔吐・下痢・脱水があります。幼若な子犬の場合、犬パルボウイルスなど他のウイルスや細菌などの二次感染を誘発し、症状が重たくなる場合があります。

■ 犬レプトスピラ感染症
・コペンハーゲニー : 急性の腎炎と肝炎を起こし、高い熱が出た後、体温が低下し、急死することがあります。また、嘔吐や歯ぐき等の出血・黄疸もみられる重症型です。人ではワイル病の原因菌として恐れられています。

カニコーラ : 腎炎と肝炎症状を呈すことが多く、発熱、元気・食欲の低下、また、嘔吐・血便をし、腎臓が腫れて死亡することもあります。汚染した下水・川などの水を飲んだり、犬の尿からも感染します。

ヘプトマディス : 人のレプトスピラ症(秋疫B)の原因菌により起こる病気で、犬での感染が多く、腎炎と肝炎を併発し、死亡率の高い病気です。

■狂犬病予防接種
法律で飼い主の方には、年1回の狂犬病ワクチン接種が義務とされています。詳しくはこちらから見てください。


ワクチンで予防できる猫の病気

■ 猫カリシウイルス感染症 : くしゃみ・鼻水・発熱などが主症状で、症状が進むと口の周囲や舌に潰瘍ができ、また、急性肺炎を起こし死亡することもあります。

■ 猫汎白血球減少症:白血球が極端に少なくなる病気で、パルボウイルスが病原体です。高熱・嘔吐・食欲が減退し、下痢がはじまると脱水症状が出てきます。体力のない子猫では、短時間に死亡してしまうこともある恐ろしい病気です。

■ 猫ウイルス性鼻気管炎 : 典型的カゼの症状を呈すヘルペスウイルスによる感染症です。ひどいくしゃみ・セキ・鼻水などの呼吸器症状や、結膜炎を起こし、高熱と鼻の詰まりで、飲水もできず、食欲も廃絶してしまう病気です。治療して症状が治まっても、何らかの理由で体力が低下したとき、再発することもあります。

■ 猫白血病ウイルス感染症 : 日本の猫の2割がこの病気で死亡すると言われている恐ろしい病気です。 白血病やリンパ腫などの血液のガン・貧血・流産などを起こします。病気に対する抵抗力が低下し、持続感染すると80%が3年以内に死亡します。病気の潜伏期間が長く、その間一見健康に見えますが、ウイルスを排泄し、他の猫にうつします。避妊・去勢をすることで他の猫との接触を予防し、感染率を軽減することも重要です。

■ 猫クラミジア病 : クラミドフィラ・フェリスによる感染症で、菌は眼や鼻から侵入するため、結膜炎・くしゃみ・鼻水・セキがみられます。また、肺炎を起こすこともあります。ヒトに感染し結膜炎を起こした例も報告されています。


□狂犬病予防接種
狂犬病ウイルスはラブドウイルスの一種です。狂犬病は、今のところ日本では撲滅された感染症ですが、オーストラリアを除き、欧米を含む世界の大陸で、現在も死亡患者が多数出ている感染症です。世界中では年3万5000人〜5万人のヒトの命を奪っている恐ろしい病気です。狂犬病の犬にかまれて感染することが多いので「犬」と名がついていますが、他の哺乳動物からも感染することがあります。最近、中国の雲南省でこの病気の発症が相次ぎ、大変な事態になっております。日本では法律でこの病気に対するワクチン接種を飼い主への義務としています。生後91日以上の犬には、飼い始めてから30日以内に1回、その後、年1回の予防接種を受けなければなりません。また、管轄する役場から交付された狂犬病予防接種済票を犬につけておかなければなりません。

□フィラリア症
フィラリア症は、蚊(沖縄語がじゃん)から感染する病気で、感染率は愛犬を飼育している環境により差があります。沖縄では死亡原因のNo.1で、症状が進むまで元気で生活していて、時々乾いた咳をする程度です。どんどん病気が悪化すると腹部が腹水の貯留で膨れ、肋骨がごつごつと顕著になって痩せて、時には血色素尿といって血液の中の赤血球の破壊により、赤い成分を含んだ尿が出たり、貧血で運動・散歩はもとより、だんだん動けなくなって、食欲が減り、最後は起立不能に陥って死亡していきます。これは愛犬の心臓の右心室や肺動脈の中に、17cm〜25cmもの大きなフィラリアの成虫が住みつくことにより、起こる症状です。この病気は感染する前に、沖縄では毎月1回の予防薬を与えるか、注射による予防をしてあげましょう。たとえすでに感染していても、これ以上病気の進行を抑える意味でも、予防薬を与えなければ、寿命をまっとうできません。少量の採血で検査できますので、フィラリア陽性か陰性かを把握し、予防してあげましょう。



ページトップに戻る